カロチノイド・サプリメントは一体どれだけの種類があるのでしょう?それぞれのカロチノイド・サプリメントについて説明しているので、関心のある方にイチ押しのサイトです。

カロチノイド サプリメント

あなたに不足しがちな栄養素はサプリメントで補おう


HOME



カロチノイドのサプリメントとは


カロチノイド サプリメント

カロチノイドのサプリメントというのは、あまり聞いた事がないと言う人が多いかもしれません。
カロチノイドは、カロテノイドとも呼ばれ、動物や植物の色素の成分の一種でベータカロチンに似た構造をしています。
カロチノイドは、強い抗酸化力を持っている成分だといいます。
紫外線による日焼けから肌を守ったり、肌老化を遅らせたりとアンチエイジングに効果があり、よくサプリメントとしても販売されています。
また、加齢と共に血管がもろくなると血栓ができやすくなったり、動脈硬化などの深刻な疾患が起きやすくなります。
カロチノイドには、これを改善する作用があるので、50代以上の人に特に人気のあるサプリメントとなっています。
カロチノイドは癌の進行を緩やかにするという研究報告もあります。
がん患者にサプリメントが処方されるなどして、カロチノイドの研究が盛んに行われているそうです。
カロチノイド研究という言葉を使うと大仰な話ですが、日ごろの食事からもカロチノイドは摂取できます。
カロチノイドは緑黄色野菜、海藻類や、カニ、鮭などにも多く含まれています。
油に溶ける性質を持っているため、調理に際してはカロチノイドの扱いに注意をしましょう。
食材や調理のことを考えると、カロチノイドを効率よく確実に摂取するにはサプリメントが一番手間がかからず便利なのでおすすめです。

カロチノイドのサプリメントの種類


カロチノイド サプリメント

カロチノイドは色素の成分でサプリメントもいろいろあります。
カロチノイドの種類は約600ほどもあるといわれています。
鮭やイクラにはアスタキサンチンというカロチノイドが含まれており、トマトにはリコピンというカロチノイドが、にんじんにはβカロチンというカロチノイドが入っています。
カロチノイドのサプリメントの中でも、数が多い代表的な種類についていくつか説明しましょう。
強い抗酸化作用があり、活性酸素を減らす働きがあるとして、サプリメントでよく使われているのがβカロチンです。
癌や老化の予防に効果があるとされているので、サプリメントとしても人気の商品となっています。
アスタキサンチン系のカロチノイドは、これもまた強い抗酸化作用があります。
活性酸素を抑える働きがあるので、いろいろな病気の予防、血行の促進、そして、眼精疲労改善などの働きがあります。
様々なサプリメントに、アスタキサンチンが用いられているようです。
リコピン系のカロチノイドには細胞が癌になるのを防ぎ、遺伝子を活性化させる作用があります。
様々な病気の原因となる悪玉コレステロールを減らすことによって血管を強化し、動脈硬化対策や血栓対策効果が得られます。
カロチノイドのサプリメントといっても、いろいろな種類がありますので、購入前にはよく調べて体の状況に適したサプリメント商品を選択するようにしていただきたいものです。

カロチノイドのサプリメントの副作用


カロチノイドには健康に役立つ効果があり、サプリメントとしても多くの種類のものが販売されています。
人気のサプリメントとして良く売れているカロチノイドですが、副作用も少なからずあるようです。
カロチノイドには、どのような副作用があるのでしょうか。
カロチノイドのサプリメントの中にベータカロチン系の商品がありますが、カロチノイド以外にビタミンAのサプリメントや、ビタミンAを含むマルチビタミンなどの商品を利用している場合には注意が必要です。
ビタミンAサプリメントには、βカロチンが配合されていることが多いため、βカロチンを取りすぎてしまうことがあります。
ビタミンAとカロチノイドのサプリメントの両方を飲んでいるならば、カロチノイドの過剰摂取になってしまっている可能性があるからです。
ベータカロチン系のカロチノイドを過剰に摂り過ぎた場合には、手足が黄色くなってきたりするだけではありません。
ひどい場合には肝機能の低下を招く人もいるそうです。
ベータカロチンが肝臓に蓄積される為に起こる症状です。
動物性のカロチノイドに、レチノールと呼ばれる成分があります。
過剰摂取すると嘔吐感や頭痛、湿疹などの副作用が出てくるという報告もあります。
サプリメントでカロチノイドを摂取する時には、配合成分を確認して、飲みすぎないように注意をしましょう。
カロチノイドと他のサプリメントとの飲み合わせについても、不安がある時には薬剤師や医師に相談するなどして、事前に確認しておくようにしましょう。




Copyright (c) 2018 あなたに不足しがちな栄養素はサプリメントで補おう All rights reserved.

▲TOP